[from Rotorua] Little Red Riding Huck-Rotorua POV #5


YouTube - Rotorua Little Red Riding Huck Trail←HD Movie Available
Rider:Rotorua Locals,Me POV:Mitsuyoshi'Sho-ta'KIMURA


ちょっとアップの間隔が短すぎるんでないかい?もうちょっと出し惜しみしてみても…>Kさんw)


なんちて、Kさんこと木村さんが頑張ってくれたおかげで、早くもロトルアメットカムムービーは第5弾。今回のトレイルは、「Little Red Riding Huck」です。


このトレイルは、ムービー第1弾の「Corners」と隣接と言うか、途中何ヶ所かで合流、分岐を繰り返し、ほぼ同じ地点にゴールするもので、例えるなら冨士見パノラマで『最初はCコース、途中でBに入り、最後またC〜』と走る様に、2本のトレイルをミックスして走ることも可能です。「Corners」動画では分岐で危うく「Littel Red〜」の方に行きそうになってるシーンもありますね。



このトレイル、「Corners」と同じ斜面にあるだけに、雰囲気は似ているのですが、スタートからジャンプの連続で、正直言って飛べないライダーのワタクシには少々荷が重く、このムービーでは、特にジャンプの多い前半部分は、Kさんが地元ローカルライダーを追いかけています。また、これはローカルズも回避していますが、落差3mくらいのビッグドロップや(ムービー0:39あたりの左側ライン)、キャニオンドロップ(同0:52あたり左側)もあり、腕に覚えのあるライダーはチャレンジしてみるのも良いかと。とは言え、きちんとエスケープラインもあるので、中級者以上なら問題なく走れます。ちなみにKさんは初日にビッグドロップに気付かず、転落をメイクしました。ほんと、ケガ無くて良かったよ…。



例えば『ウィスラーならAラインが一番好き』的なライダーなら、シャトルのドロップオフポイントから「Huckleberry Hound」〜「Little Red Riding Huck」とつなげば、かなりゴキゲンなこと間違いなし!です*。「Corners」同様、終点のすぐ近くにはシャトルのピックアップポイントがあるので、自走で登らず何度も走ることも可能です。


*Aラインほど速度域は高くないし、ジャンプの面は立っていませんが。



[関連リンク]
Corners-Rotorua POV #1

Huckleberry Hound-Rotorua POV #2

Billy T-Rotorua POV #3

G-Rock〜-Rotorua POV #4
from Rotorua | Comment(0) | TrackBack(0)| 2010-03-25 05:53
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144566512
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。