[NZ Trip 2011] クイーンズタウンDAY-3

110223a.JPG

日本でもかなり大きく報道されている様ですね、クライストチャーチ地震。さっき、落石まみれになった林道の映像がテレビに出てましたが、多分19日に通った所。あそこで地震に遭ったらひとたまりもなかった。しかし、現在ボクが滞在しているクイーンズタウンは、テレビが一日中地震関係の報道しかやっていないのを除けば平穏そのもので、特にYHAに居るのは、ニュージーランドに遊びに来た外国人がほとんどなので、悲痛な雰囲気は皆無です。

 

と言う事で、昨日の夜から今朝にかけて、結構な雨降りでしたが、9時頃にはまずまずの天気となり、ボクも残り少ない滞在日を楽しむ為に、ライドに出発です。今日は昨日のバイクパークでは無く、街からそれほど遠くないトレイルに出撃です。

 
まずは宿を出て、↑湖畔の道を進みます。朝の雨のせいか気温は結構低め。夏のジャージ+ショートパンツでは寒いくらいで、レッグウォーマーとアームウォーマーを着用しました。

 

湖畔の気持ちいい道はそれほど続かず、道路は湖を離れ、アップダウンを繰り返します。もう慣れたけど、フルサスMTBで走りたい道では無いな。ロードなら気持よさそう。こんな所住んでるならロード乗ってもいいかな?って前にも書いたな。

 
110223b.JPG

それでも距離的には宿から10kmも無いので、程なくしてトレイルのカーパークに到着。今日走る所は「7mile」と呼ばれるところ。まずはカーパークの脇からジープ道に入り、トレイルを目指します。

 
110223d.JPG

しかしここからスタートまでは結構大変でした。ロックフェイスの「登り」。そんなの乗れるかー!!ここ行く人、車だったらクイーンズタウン側では無く、反対側の駐車場に停めるのをオススメします。

 
110223e.JPG

乗ったり、押したり、担いだりしながらスタート地点へ。この時重大なトラブルに気が付きます。なんと、昨日のライドで着いた泥のせいで、フロントディレーラーが動きません(ライド後、リンク部分にチェーンルブをぶっかけて、取り敢えず直った…)。と言う事で、今日はフロント32Tシングルになりました。

 

それでもやはりニュージーランドのトレイルは、登りも乗って行ける様に作られている所がほとんどなので、インナーギアが使えなくても、それほど困ることはありませんでした。

 
110223g.JPG

 
110223f.JPG

ここには激坂あり、ラダーあり、写真は撮り忘れましたが、気持ちのいいバームが連続するトレイルも。登りも下りも楽しめるライダーには面白いと思います。あと、ゴンドラor搬送車無しでバイクパークやろうと思う人は、是非ここを見学すると良いかと。案内しますよ(アゴアシ付きで)!

 
110223i.JPG

マップを頼りに、色々走り回っていると、平日だと言うのに、時々他のライダーに遭遇します。シングルスピードのオッサンいたなー。そして2人組の女子に遭遇。地図を持っていなかったようで、「地図見せて」と言うので見せてあげると、そのうちの一人が「あなた(オレ)のこと、クライストチャーチのレースで見たわ」と言い出すじゃ無いですか。え?、よくよく見ると、

 

110223_2040.JPG

スイスからニュージーランドシリーズ戦に参戦していたエミリー・シーガンテラ(Scott11)じゃ無いですか!クライストチャーチのレースの後、こちらに移動していた様です。そう言えば昨日もバイクパークでナンバープレート付けたままの選手、いっぱい見たし。

 

そんな感じで11時頃から4時間ほど乗り街へ戻ります。「今日はもう止めようかな、洗濯もしなくちゃだし…」とも思いましたが、折角のいい天気。「Follow Me」のジーとスティーブ・スミスのパートのメイキングの中で「天気待ち」で大変だった、みたいなこと言ってた様に、ここはホントにコロコロ天気が変わり、次いつ雨降るか分からないので、

 
110223j.JPG

昨日に続きバイクパークへ!今日は午後3時から有効な半日券でライドです。

 

110223k.JPG

今日は昨日よりライダーが多めです。時間帯なのかな?みんな遅い時間から走り始めるのかも。なにせ午後8時過ぎまで明るくて、ゴンドラも動いてるからね。おっと、あれに見えるはさっき会ったエミリーちゃんじゃ無いですか。「あなた、何処にでもいるのね」って言われちゃったよ…

 

 

そんな感じでまたまた走り回っていると、目の前をWebや雑誌、DVDの中で、散々見たことのある人が横切るじゃ無いですか!

 
110223n.JPG
!!

 

 

110223l.JPG

クイーンズタウンに来てるって話だったし、駐車場に↑コレ(手ぶれですまん、走りながら撮ったので…)があったので、「もしかして!?」とは思ってたんだけどね。

 
110223m.JPG

そう、ダン、ジーのアサートン兄弟です。↑何か撮影していた様で、ジャンプセクションを何度か押し上げながら走っていました。

 

 

そして、
110223_2062.JPG

アサートンさん(達)と!!トレイルだけで、パーク走るのやめなくて良かったよ!

 
110223h.JPG

新型プロトタイプ。

 
110223_2070.JPG

その後、街中でも遭遇。さすがに顔を覚えられていて、カメラを向けたらポーズを取ってくれました。ちなみにここは街中と言っても、ゴンドラ駅から富士見で言ったら「BGH」よりも近いくらいの距離なので、こんな格好のライダーがいてもおかしく無いのです。普通は無いよ!!

 

 
NZ Trip 2011 2011-02-23 08:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。